いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

【書評・レビュー】「みっともないお金の使い方」/川北義則

 

みっともないお金の使い方 (PHP新書)

みっともないお金の使い方 (PHP新書)

 

 ★★★★☆

 

お金の使いかたや、お金との向き合い方が知りたくて手に取りました。

 

男尊女卑的というか、ひと昔前の男が働いて女が家を守るのが理想という考えが根底にある著者だと思う。

それでも、著者の軽快な語り口が面白くてするする読めた。

考えは人それぞれなので、筆者の考えを全て取り入れる必要もないし、おいしいとこどりしようと思う。

ちょっと反感を持つ考えでも、面白く読ませることが出来るのも技術だよね。

この人はこういう考えなんだって、自分で一歩引いて冷静に見ることが出来るのがいい。

本によっては、それが出来なくて苛々ばかりつのることがあるけれど。

 

 

著者が挙げている中で「いくら?」「いくら?」って聞く人、たしかにいる。

何でも「いくら?」「いくら?」って聞いてきて、本当にやめてほしい。

 

「いくら?」とばかり聞く人は、価値判断の基準がそれしかないと思われる。

値段だけで判断するのは思考停止と言わざるをえない。

 

 

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!