いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

【書評・レビュー】「ノーベル物理学者が教える 「自分力」の磨き方」/益川敏英

 

ノーベル物理学者が教える「自分力」の磨き方

ノーベル物理学者が教える「自分力」の磨き方

 

 

まず、「自分力」というのがものすごく曖昧でふわっとしている。

優しい語り口で、自身の体験を交えながら最もないいことが書いてあるけれど、そこから何を読み取り自分のものに出来るかは読者次第。

あれこれ具体的に指示してほしい人には向かない。

 

 

よく分からない「自分力」の磨き方を教えてもらう本より、ノーベル物理学者のエッセイ本とした方が良かったと思う。

それだと売り上げがいまいちになってしまうのかもしれないけれど。

 

 

一番気になったのが、著者が名古屋大学に入り、同大学院に進学するぐらいに頭がいいのに、何度も勉強ができなかったと語っているところ。

いい加減、頭のいい人が「全然勉強出来ませんでした」っていうの止めてもらえませんかね?」

「ビリギャル」と同じ手法で、本当に勉強が出来ない人に中途半端に夢を見せるのをやめていただきたい。

所詮、頭のいい人の自慰にしか思えないよ。

 

bookmii.hatenablog.com

偏差値30でもケンブリッジ卒の人生を変える勉強

偏差値30でもケンブリッジ卒の人生を変える勉強