読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

【書評・レビュー】「持たない暮らし」/下重暁子

 

持たない暮らし (中経の文庫 し 3-1)

持たない暮らし (中経の文庫 し 3-1)

 

 ☆☆☆☆☆

 

ここまで読んでいて苛々する本もなかなかないです。

一言でいうとタイトル詐欺本。

美しい装丁とは正反対の中身。

 

 

自慢話のオンパレード。

かなりの年齢の方なのに、よくもここまでと呆れてしまいました。

友達の職業が医者であることを書く必要があるのかと思い読み進めると、医者であってもなくても全く関係ないというようなことが延々続きます。

お金は持っているけれど、「さもしい」という言葉が著者にはピッタリだと思います。

こんな可哀想なおばあちゃんにはなりたくないです。

 

 

恐ろしいのが単行本で出版されていて、新たに文庫本になっているということ。

単行本の時点でゴミ本なんだから、文庫本なんて出したらダメでしょ。

 

 

「持たない暮らし」と言いますが、本書こそ真っ先に手放すべき無駄なゴミ。

二度と著者の本を読まないためにもきちんと名前を覚えておきたい。

 

女は笑顔で殴りあう:マウンティング女子の実態 (単行本)

女は笑顔で殴りあう:マウンティング女子の実態 (単行本)

 

 

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -