読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

【毒親の支配を断ち切る自分の物語】「親の毒 親の呪縛」/岸田秀・原田純

メンタル本 その他の本 毒親についての本
親の毒 親の呪縛

親の毒 親の呪縛

 

★★★★☆

 

毒親の元で育った岸田秀原田純の対談。

お互いの毒親の話から、毒親とどう向き合っていったか、また距離を取ったか、毒親の支配を断ち切る方法についてなど、対談とはいえかなり濃い内容でした。

基本的な毒親の知識があった方がさらに読みやすいと思う。

 

「親を許すことで大人になる」とよく聞く意見だけど、腑に落ちず反抗的な気持ちしか持てなかったので二人の意見に拍手を送りたくなった。

 

岸田:親を許さないのは未熟だとか、間違っているとか、人間ができれば許せるはずだとか考えて、許すというのは、それこそ間違ってますよ。別に無理して許す必要はないと思います。

 

原田:親を理解することは必要なんですよね。でもそれは親を許すためじゃない。自分の歪みの原因を知るために必要なんです。そのときに必要なのは公平さで、できるだけ公平に、親のことも自分のことも見なければならない。

(略)

きちんと見れば、親も子も、同じように狡猾で陳腐で怠惰で臆病なんです。

 

私も「許す」ことを強要されていた。

それが正しいのだと、許すことが大事だと。

原田さんの言っているように、公平さも大事だと思う。

これはある程度の時間が必要な気がする。

どうしても毒親が悪いってなってしまうから、そこから一歩抜け出せた時に公平さをもって見ることが出来るのではないか。

 

柳美里の「水辺のゆりかご」を毒親の物語として取り上げられているが、「水辺のゆりかご」は読んだことがあって、柳美里の親はとんでもない親で、私の親はこんなに酷くないと思っていたものだが…。

柳美里の親は明らかに他人から見てもおかしなところがある。

お金を渡さなかったり、ゴミを拾ってきたり、暴力だったり。

 

毒親の支配を断ち切るには、自分の物語を書かないといけないのか。

柳美里は「水辺のゆりかご」で淡々と描写をしていた。

親を悪者にした恨みつらみではなく、自分の弱さや卑怯さも全て淡々と記していた。

原田さんも自分の毒親のことを書いた「ねじれた家 帰りたくない家」を発表しているので、それも読んでみたい。

私は自分の物語を書くことが出来るだろうか。

 

問題のない親子関係なんてない。

いま、親子関係に悩み、苦しんでいる人へ。

親から逃げ出したいと思っている人へ。

親から精神的虐待を受けてきた当事者同士が、心の軌跡と脱却への道をありのままに語る。

親の毒 親の呪縛

親の毒 親の呪縛

 
ねじれた家 帰りたくない家

ねじれた家 帰りたくない家

 
水辺のゆりかご 角川文庫

水辺のゆりかご 角川文庫