いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

【歴史が変わる】「日出処の天子」/山岸凉子

日出処の天子 (第1巻) (白泉社文庫)

日出処の天子 (第1巻) (白泉社文庫)

 

★★★★★

 

すごくいい作品ほど、どうやって言葉で表していいか分からなくて、とにかくすごい!としか言えないのがもどかしい。

つまらない作品なら次々言葉が出てくるのをどうにかしたい。

こちらは、もちろんすごくいい作品。

 

読み進めるごとにハマって抜け出せなくなる。

習ったはずの歴史が塗り替えられていく。

記憶のどこかにある教科書にあった歴史が引っぱり出されるけれど、それが塗り替えられていく。

 

勢力争い、同性愛、近親相姦などの昼ドラみたいなドロドロの展開から目が離せない。

登場人物も魅力的な人が多くて、必ず誰かのファンになってしまうと思う。

厩戸王子(うまやどのおうじ)と蘇我毛人(そがのえみし)の妹・刀自古郎女(とじこのいらつめ)が特に好き。

歴史のおさらいをしてから、またじっくり読み返したい。

 

日出処の天子 第1巻 完全版 (MFコミックス)

日出処の天子 第1巻 完全版 (MFコミックス)

 
アラベスク 完全版 第1部1 (MFコミックス)

アラベスク 完全版 第1部1 (MFコミックス)