読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

【自分カウンセリング】「はじめての認知療法」/大野裕

はじめての認知療法 (講談社現代新書)

はじめての認知療法 (講談社現代新書)

 

 ★★★★☆

 

認知療法」という言葉は知っていて興味は持っていたものの、なかなか難しそうで億劫で手を出していませんでした。

そこで、よさ気な本を発見したので早速読んでみることに。

 

認知療法というのは、自己カウンセリングと言い換えてもよさそう。

偏ったものの見方しか出来ない認知の歪みを変えていく。

反対から見てみたらどうだろうか、言い方を変えてみたらどうだろうか…

自分を第三者になったように冷静に考えを書き出してみる。

そのためのステップを詳しく本書では説明してくれている。

 

しかし、これがなかなか細かなステップで難しく感じるのだ。

まずはノートを広げることから始めなければ。

実際に認知療法などを受けると高額な金額になるだけで、あまり意味を感じられないと思うので、丁寧に自分を見つめなおしてノートに書き出してみるのがよさ気。

不安や緊張状態にある時の呼吸法や、気分転換の方法を箇条書きにしてあるのはすぐに使えるので良かった。

 

自分の「こころのクセ」を知る。気分と行動の悪循環から抜け出す。呼吸法、睡眠法で身体をリラックスさせる。―認知療法への待望の入門書。

 

はじめての認知療法 (講談社現代新書)

はじめての認知療法 (講談社現代新書)

 
こころが晴れるノート―うつと不安の認知療法自習帳

こころが晴れるノート―うつと不安の認知療法自習帳