いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

【華麗】「華宵のおしゃれ教室―麗し乙女のロマンチック・バイブル」

 

華宵のおしゃれ教室―麗し乙女のロマンチック・バイブル (らんぷの本)

華宵のおしゃれ教室―麗し乙女のロマンチック・バイブル (らんぷの本)

 

 ★★★★★

レトロ大好き。

大正・昭和初期のお嬢様の生活には特に興味津々。

 

表紙は本書で初めてしった高畠華宵(たかばたけかしょう)さんの色っぽいモダンガールの絵。

 

憧れの高畠華宵先生に学ぶ、大正・昭和のモダンガール、女学生、令嬢たちのおしゃれ事情。

 当時の女学生の間で、高畠華宵さんはカリスマ的な人気で憧れの的だったそうです。

まだ女性の社会進出がされていないから、大正・昭和初期の乙女のカリスマ的存在は中原淳一先生とか男性なのが不思議な感じがします。

男性が女学生のお手本になるなんて、今の時代だと難しそう。

それこそ隙あればフェミニストに叩かれるのでは?

 

高畠華宵先生の絵から感じることは、手元と視線(目元)の上品で官能的な優美さ。

指先まで美しい、視線の先まで美しい。

 

ファッション、髪型、美容事情はもちろん、

当時の女学生のマナーレッスンや日記、お悩み相談など、

美しいビジュアルがたっぷり収録され、情報量も多くて隅々まで楽しめる一冊でした。

 

華宵のおしゃれ教室―麗し乙女のロマンチック・バイブル (らんぷの本)

華宵のおしゃれ教室―麗し乙女のロマンチック・バイブル (らんぷの本)

 
昭和モダンキモノ - 抒情画に学ぶ着こなし術 (らんぷの本/マスコット)

昭和モダンキモノ - 抒情画に学ぶ着こなし術 (らんぷの本/マスコット)

 
高畠華宵・美少年図鑑 (コロナ・ブックス)

高畠華宵・美少年図鑑 (コロナ・ブックス)