読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「坊ちゃん」/夏目漱石

その他の作家(小説・エッセイ)

坊っちゃん (新潮文庫)
by カエレバ

★★★★★

あまりに有名すぎて読んでいなかった本のひとつ。

夏目漱石は「こころ」を読んだのだけど、太宰治みたいだなという感想だったと思う。

まさか「坊ちゃん」がこんなに笑える作品だとは意外だった。

親譲りの無鉄砲で子供の時から損ばかりしている。

この出だしは誰もが聞いたことがあるはず。

有名すぎて読んでいなかったことを後悔。

先にドラマとかで目にしなくて良かった!

夏目漱石の原作で読みたい。

坊ちゃんの清への思いが可愛いです。

実の親より清を慕い大事に思うことは何ら問題ない。

清は坊ちゃんを幼い頃から常に肯定してくれる存在だもの。

親からそれが得られないのなら、清が親以上の存在になるのも分かる。

坊ちゃんが教師として赴任した田舎の言葉、「~もし」がいい味だしていてほんわかする。

読み終えた後は、しばらく「~もし」と言いたくなる。

学校を卒業した“坊っちゃん”。正義感あふれる彼は四国の中学校に英語教師として赴任することに。

偽善的な大人たちを相手に坊っちゃんは大騒動を繰り広げる。

作者の実体験をもとに描かれた爽やかでユーモアあふれる作品。

こんな本が出てますけど…。リライトノベルて…。

リライトノベル 坊っちゃん (YA! ENTERTAINMENT)
by カエレバ

中村雅俊で映画化もされていた。

あの頃映画 「坊ちゃん」 [DVD]
by カエレバ

広告を非表示にする