いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「ずっとあなたが好きでした」/歌野晶午

ずっとあなたが好きでした
by カエレバ

★★★☆☆

「密室殺人ゲーム」シリーズがどうも読む気にならず、ずっと待っていた新作!

歌野さんのことだから外れはないだろうという思いもあった。

恋の短編がいくつも詰まってる本作、歌野さんが恋愛小説?という不安がありながら読み始めました。

久しぶりの歌野さんの作品なのに、正直がっかり。

ひとつ目の短編のオチもよくありがちで呆気なさすぎる。

13の短編が長く長く感じて、なかなか読み進められなかった。

あっ!と思うオチもあったけれど、よく分からないのもあり首をかしげながらまた次の短編を読む繰り返しで読了。

あれ?あれ?と何度か思う部分があり、それが回収されていくんだけどあまり驚きもなく。

再読してみたい気もするけれど、一回目に読んだ時に苦痛だったので再読はなしです。

国内外の様々な場所で、いろいろな男女が繰りひろげる、それぞれの恋模様。

プライズ・ミステリーの名手が贈る恋愛小説集……だが?

歌野さんの短編ミステリー集なら、「ハッピーエンドにさよならを」は大好きでした。

どのオチもぞっとして読むのをやめられなかった。

ハッピーエンドにさよならを (角川文庫)
by カエレバ