読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「シンプルに生きる」/柳田国男・香山リカ

その他の本

シンプルに生きる
by カエレバ

★★★★★

東日本大震災を踏まえ、原発被災地の問題、現在の日本という国の現状、

また生きることとは、死ぬこととは、と重い内容ですが、お二人の静かに語り合う様子を感じて、

不安だったり苛々している時に心を静めることが出来た。

お二人の対談を読んでいると、すごく真っ当なことが述べられている。

国の偉い人たちがこのように考えてくれたら日本という国に少しは希望を持てるかもしれないけれど、

一般人を含め、みんなが自分さえ良ければいいという考えになっていてそれにも絶望してしまう。

僅かな希望を感じつつも、良い方向に向かっているとは思えないことが怖い。

柳田さんは自らが貧しく命の危険にさらされる時代を生き抜いてきたからこそ言える言葉が多く見られたが、

私にはどうもピンと来ない。

生まれた時から、明日食べる物に困る、命の危険を感じずに生きてきた世代なので、

失礼だが年寄りの戯言に思える部分もあった。

その辺りを香山さんが上手く問題提起を柳田さんにしてくれているのが良かった。

時代を診る目vs時代を読む目。複雑に問題の入り組んだ現代。心を安定させる知恵がここにある。

世代も性別も違うジャーナリストと精神科医による、異色の対談。