いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「おとぎ話の幻想挿絵」/海野弘

おとぎ話の幻想挿絵
by カエレバ

★★★★☆

綺麗な表紙に惹かれて。

ずっしり重くてページ数も多く内容量は十分満足。

Amazonでの商品紹介では大きさは26 x 18.7 x 2.7 cm、270ページとなっています。

一ページに一枚の絵で、かなり細かいところまでじっくり見ることが出来て迫力がありました。

小さな文字で書かれている解説を読むと、気付かなかった点に気づけて違った見方が出来るのも楽しかった。

ものすごく繊細で力強くもあり、細かい部分まで丁寧に描かれている絵ばかりで、

絵本の挿絵というレベルではないなという印象。

出来れば、この挿絵たちを使った絵本を読んでみたいという衝動に駆られました。

わりと不気味で怖い絵もあり、その世界観も素敵。

やはり一番好きなのは、馴染みのある「不思議の国のアリス」のアーサー・ラッカムでした。

想像力の翼を羽ばたかせて現実ではないどこかへ…。

夢見る子どもだったあなたに贈る珠玉のファンタジーイラスト傑作撰。

Amazonで「おとぎ話の幻想挿絵」の詳細を見る>>>

楽天市場で「おとぎ話の幻想挿絵」の詳細を見る>>>/a>