読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「世の中の意見が“私”と違うとき読む本―自分らしく考える」/香山リカ

世の中の意見が“私”と違うとき読む本―自分らしく考える (幻冬舎新書)
by カエレバ

★★★☆☆

香山リカさんのエッセイとして、軽く読みました。

無理に白黒はっきりさせる必要はない。

どちらかの意見に偏らずにちょうどいい塩梅ばいいのは分かるけれど、それが一番難しい。

簡単に人の意見に左右されずに、相手の意見を一応は聞くけれど私はこう思うというのも大切にしたい。

ホメオパシーの件はかなり気になった。

こういうのは私はインチキだと思っている。

それで救われる人がいるならそれはそれでいいとも思っているが、それが自分の身内になると話は別だけど。

香山さんのお父さんとの闘病から看取るまでの話には、いつか来る私のその時と重ねて涙ぐんだ。。。

ちょっと引用。

精神分析家なら、クライアントが怒れば怒るほど、「これはあなたの心の抵抗にぶつかった、ということですね。ということは、この解釈は真意をついているんです」とさらに意地悪な解釈をして見せるかもしれない。

これは意地悪ですね。

確かに真意だと思うので、これをやられるとぐぅのねも出ないな。

Amazonで「世の中の意見が“私”と違うとき読む本―自分らしく考える」の詳細を見る>>>

楽天市場で「世の中の意見が“私”と違うとき読む本―自分らしく考える」の詳細を見る>>>

病気をその原因から治すホメオパシー療法入門 (講談社+α新書)
by カエレバ