いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「いつやるか?今でしょ!」/林修

いつやるか? 今でしょ! (宝島SUGOI文庫)
by カエレバ

★★★★★

受験だけだけでない汎用性の高さもあり、林先生を離れて様々ところで使われて、

もはや流行のギャグみたいに感じてしまっていたお馴染みの台詞がタイトルの本書。

「いつやるか?今でしょ!」で動き出せる人になりたいものです。

予備校の現代文の先生ということもあり、とても読みやすくするする頭に入ってくる本でした。

自己啓発本を読みあさってる人にはありがちな事柄かもしれない。

ゴールを決めて逆算して行動するとか。

手帳活用方も良さそうなので是非やってみたい。

「おすすめの本を聞くな」という項にて、

優秀な先輩に対して、おすすめの本を尋ねると、以下の反応をしたそうです。

「自分で読みたい本も見つけられないような感性の鈍い人間が、何を読んだところで無駄だと思わないかい?」

と冷ややかに言い放ちました。

あのね、こっちが気をつかって、”ヨイショ”として「おすすめの本、教えてくださーい」って聞いて”あげる”場合もあることを忘れないでね。

後輩としては、「こっちが聞いて”あげている”のに…!」という思いもあったかも(笑)

「まさか、あんな人だとは思わなかった!」という時、

他の人は意外に「みんな”あんな人”だと思ってましたよ」という場合も多いというのが面白かった。

「まさか」が思わず口から飛び出した瞬間こそ、自分のスイッチを入れるべきです。

観察力不足から見落としたことで、未来を正しく想像することができなくなって、結局「まさか」を使う羽目に陥ったのです。

使わなくていいように努めるとともに、使ってしまったときは、反省しつつ最大限活用すべきです。

Amazonで「いつやるか? 今でしょ!」の詳細を見る>>>

楽天市場で「いつやるか? 今でしょ!」の詳細を見る>>>

広告を非表示にする