いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「江戸川乱歩全集 第8巻 目羅博士の不思議な犯罪」/江戸川乱歩

by カエレバ

★★★★★

ひと言感想メモ程度に。

「目羅博士の不思議な犯罪」

乱歩本人が登場します!

短いながらもぞーーーーーーっとじわじわ怖さが増してくる作品。

読み終えた後もトラウマのように、じわりじわりと効いてくる。

「地獄風景」

本人もあとがきで書いてるように「道化パノラマ島奇談」のような作品。

「道化パノラマ島奇談」がかなり濃厚な描写(しつこいほど)なので、軽く読めるこちらの方が好み。

「恐怖王」

あとがきにて、苦労して何とか書き上げた作品だそうです。

確かにオチはすっきりしないものの、飽きることなくぐいぐい引き込まれました。流石としか言い様がない。

「鬼」

愛憎劇か?自分の身を滅ぼしてまでも傷つけられた自尊心を貫きたい恐ろしさ。

「火縄銃」

乱歩が学生時代に書いた処女作。

学生時代に既にその才能は花開いていたのですね。

シンプルながらも綺麗にまとまっていて好き。

「殺人迷路」

連作小説の乱歩が担当した回。

「悪霊」

未完作品。

未完ということでこれは読まずに飛ばしてしまいました。。。

「妖虫」

小道具の蠍が効いている。

麗しい令嬢が出てくるお話は特に大好きなので、こちらももちろん。

Amazonで「江戸川乱歩全集 第8巻 目羅博士の不思議な犯罪」の詳細を見る>>>

楽天市場で「江戸川乱歩全集 第8巻 目羅博士の不思議な犯罪」の詳細を見る>>>