読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「潮騒」/三島由紀夫

by カエレバ

★★★☆☆

仮面の告白」と「不道徳教育講座」で三島に魅了されて、3冊目の三島由紀夫はこの「潮騒」でした。

新潮文庫の夏のフェアにて、限定カバーがとても綺麗だったので購入。

うーん、期待していたものとは違いました。

とても清く正しく美しい物語でした。

瑞々しい若者の青春が美しい文章で描かれていて、文章の美しさにはいちいちうっとりしてしまうけれど、

私が三島由紀夫に求めていたものではなかったので、ちょっと残念。

人間の闇の部分を読みたかったです。

少年が初めて少女を見た時の少女の描写、

目元は涼しく、眉は静かである。

眉を静かと表現するところから、もうこの少女の美しさが伝わってうっとりしました。

今年は三島作品を5冊以上読みたいと思っているので、まずは1冊読了。

次は何を読もうか。

文明から孤絶した、海青い南の小島――潮騒と磯の香りと明るい太陽の下に、海神の恩寵あつい若くたくましい漁夫と、美しい乙女が奏でる清純で官能的な恋の牧歌。

Amazonで「潮騒」の詳細を見る>>

楽天で「潮騒」の詳細を見る>>>

映画化もされてるそうです。

初江が吉永小百合?ぴったり!

by カエレバ

山口百恵三浦友和でも映画化。

by カエレバ

広告を非表示にする