いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「嵐が丘」/エミリー・ブロンテ 訳: 河島弘美

by カエレバ

★★★★★

あまりに有名すぎるタイトルだけは知っていたけれど、ちゃんと読んだことも、話の概要も知らなかったので読んでみました。

(名作には生きているうちに触れておきたい)

嵐が丘」について、「単なる不倫の話」というのを目にしたことがありましがた、

「不倫」という言葉は私からは出てこなかったと思う。

人によっては「不倫」という言葉が出てきてもおかしくはないけれど。

登場人物の気性が激しすぎて、それこそ「嵐」のようだった。

この時代はなかったかもしれないけど、今でいうパーソナリティー障害(境界性人格障害)などの類と思われる人がいる。

まずはキャサリン、そしてヒースクリフもかなり病的。

実際には御免被りたいが、気性の激しい登場人物たちに翻弄されながら読むのは楽しい。

また台詞回しも舞台を強く意識しているような激しい台詞のオンパレード。情熱的とも言える。

語り手のお手伝いさんが諸悪の根源じゃないか?と思ったりして、解説を読んでみるとそのように考えている研究家もいるらしい。

解説者はそうではない考えの持ち主なので、こちらの方も頷ける。

お手伝いさんがなかなかいいキャラで面白い!

でも、一番まともなのはキャサリンの結婚相手だろうか?

気性が激しい人たちの中で、この人だけが静かだった。

「嵐が丘(岩波文庫)」の詳細を見る>>>

「嵐が丘(岩波文庫)」の詳細を楽天市場で見る>>>