いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「毎日がときめく片づけの魔法」/近藤麻理恵

by カエレバ

★★★★☆

片づけのモチベーションを上げるために読みました。

綺麗な部屋や小物の写真が割とたくさん載っているので、私の部屋はこんな風にしたいなという妄想が膨らんで良かった。

そのことがモチベーションにも繋がった気がする。

片づけノウハウよりも、二冊目の本に続いて精神論が多いけれど読みやすい。

本気で片づけたいなら断然一冊目をおすすめする。

これは箸休め的に読むのにちょうどいい感じ。

落ち込んだ時、不安な時、心が苦しい時などに、こんまりさんがやっている方法”とにかく書き出すこと”はやってみたい。

そして、一気に書くので”かける時間は一時間以内”だそうです。

書き出すようの安いノートとか、コピー用紙とかがいいかな。

綺麗なノートだと愚痴とか書きたくなくなるから。

後は片づけだけじゃないけれど、大変だから三日に一回とかではなく、十日続ける方がいいそう。

「一気に、短期に、完璧に」というのがこんまりさんの持論。

新しい習慣を身につけるとき、一番エネルギーと使うのは、はじめの一歩、つまり行動を変える瞬間です。

「これから毎日やらなくては」と漠然と思うより、「まず、十日間だけ頑張ってみる」というふうに区切りをつけた方が、気分的に取り組みやすいもの。

三日に一回から、毎日続けるに変えるということは二段階の段階を踏むことになるそうです。

つまり、私も三日に一回ウォーキングを続けようとするより、まずは十日感毎日ウォーキングを続けてみた方がいいということになる。

片づけ以外のことにも活かせる考えがあるな。

Amazonで「毎日がときめく片づけの魔法」の詳細を見る>>>

楽天で「毎日がときめく片づけの魔法」の詳細を見る>>>