いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「昼田とハッコウ」/山崎ナオコーラ

昼田とハッコウ
by カエレバ

★★★☆☆

山崎ナオコーラの本なので、難しいということはない。

独特のセンスのある視点や描写が好きなのだが、どうやらそれも本書のようにページ数が多い本だとだんだん飽きてくる。

特に何が起こるわけでもない「かもめ食堂」のような雰囲気で淡々としてるわりに、

突然「えっ!?」と思うことが起こる。

登場人物たちも、非日常が起こっても相変わらず「かもめ食堂」のようなゆるさ。

そんなに簡単なものなの?という疑問もあり、

人間って意外と冷静でいられるのかもという思いもあったり。

所謂大型書店ではなく、街の書店の内情が描かれているのは興味深かった。

とにかく、読み終わるまで長いです。。。

Amazonで「昼田とハッコウ」の詳細を見る>>>

楽天で「昼田とハッコウ」の詳細を見る>>>

広告を非表示にする