読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「贖罪」/湊かなえ

贖罪 (双葉文庫)
by カエレバ

★★★★★

あまりに面白くて一気読みしました。

5人の女性の独白形式で話が進んで明らかになる真相。

ミステリー部分も面白いけれど、それぞれの女性の人生にもとても興味が沸いて、

久々にページを捲る手が止められない小説に出会えて、テンション上がりました。

「告白」の二番煎じと言われているのを見ましたが、

「告白」はあれだけ有名なのに小説も映画も見てないので何とも言えません。

もしも、「告白」を先に読んでいたら感想も少しは違ったのかもしれない。

とはいえ、面白いことに変わりはないと思います。

湊かなえさんの本、読みあさりたい。

15年前、静かな田舎町でひとりの女児が殺害された。

直前まで一緒に遊んでいた四人の女の子は、犯人と思われる男と言葉を交わしていたものの、なぜか顔が思い出せず、事件は迷宮入りとなる。

娘を喪った母親は彼女たちに言った―あなたたちを絶対に許さない。必ず犯人を見つけなさい。それができないのなら、わたしが納得できる償いをしなさい、と。十字架を背負わされたまま成長した四人に降りかかる、悲劇の連鎖の結末は!?

Amazonで「贖罪」の詳細を見る>>>

楽天で「贖罪」の詳細を見る>>>

広告を非表示にする