読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「いい人に見られたい」症候群―代償的自己を生きる」/根本橘夫

新書

「いい人に見られたい」症候群―代償的自己を生きる (文春新書)
by カエレバ

★★★☆☆

タイトルがまさに自分のことだったので読んでみたが…

求めている内容ではなかった。

ただ自分に合わなかっただけだったのだと思う。

何故、「いい人に見られたい」か?という自分自身に対する問いかけに答えてくれる本だと思っていたけれど、

書いてあることは私にはあまり納得出来るものじゃなかった。

思春期の頃に出会いたかった本ですね。

今は色んな顔を見せる自分も、自分の一部であると認識することが出来ているので、

もう必要のないのかもしれない。

「これは本当の私じゃないの!」って悩んでる人にはいいかもしれない。

多くの例と合わせて、丁寧に書かれているので精神的にも負担になりにくく優しいと思う。

Amazonで「「いい人に見られたい」症候群―代償的自己を生きる (文春新書)」の詳細を見る>>>

楽天で「「いい人に見られたい」症候群―代償的自己を生きる (文春新書)」の詳細を見る>>>