いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「てらさふ」/朝倉かすみ

てらさふ
by カエレバ

★★★★★

単行本で分厚くて、装丁が綺麗です。

北海道の小さな町で運命的に出会ったふたりの中学生は、それぞれ「ここではないどこか」に行くため、一緒に「仕事」で有名になることを決める。

その方法は弥子が背後に回り、ニコが前面に出るというもの。

最初のうちはわくわく感いっぱいで、

小学校や中学時代の女友達とのやり取りを楽しく思い出しながら読んでいたのだが…

事態はどんどん恐ろしい方向へ。

ほのぼのしたお話かと思えば、途中で読むのをやめられなくなりました。

重い本を抱えながら一気読み。

どんな汚い手をつかっても、悪魔に魂を売ってものし上がりたいと本気で思っていたが、

何か怖くなってきた…。

自分は確実に弥子側の人間なので、弥子が不憫に思えてね…。

結局、女は器量よしの方がいいのよね…。

Amazonで「てらさふ」の詳細を見る>>>

楽天で「てらさふ」の詳細を見る>>>

広告を非表示にする