読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「女学校と女学生―教養・たしなみ・モダン文化」/稲垣恭子

その他の本

女学校と女学生―教養・たしなみ・モダン文化 (中公新書)
by カエレバ

★★★★☆

昔の女子校と女学生について書かれているので、

ほぼ裕福な家庭で育ったお嬢様のことになる。

これも私が大いに興味がある分野。

吉屋信子の世界が知りたかったので、非常に嬉しい内容。

時代と共に増える女学校、学校に通う少女たち。

それに伴い、女学生批判も広がる。

結局、女学生への批判の根本的なことは「女のくせに生意気」ってことでしょ。

女は学なんかつけずに、家庭に入って子供を産め、出しゃばるなってことを、不良になるとか言い掛かりをつけているだけ。

知恵をつけて生意気になるな!だなんて…。

当時の女学生たちの手紙が素敵でうっとりしました。

女学生の言葉遣いがうっとりするほど詩的で綺麗。

これくらい綺麗な文章を書いてみたいものです。

こういうのをもっともっと読んでみたい。

女学生の手紙だけを本にしたものとか欲しいです。

Amazonで「女学校と女学生―教養・たしなみ・モダン文化 (中公新書)」の詳細を見る>>>

楽天で「女学校と女学生―教養・たしなみ・モダン文化 (中公新書)」の詳細を見る>>>