読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「なのはな 萩尾望都作品集」/萩尾望都

萩尾望都

なのはな (フラワーコミックススペシャル)
by カエレバ

★★★★★

最初、萩尾望都の短編集だと思っていたので、

3.11東日本大震災について書かれていて驚いた。。。

3・11の大震災と、それに続く原発事故。

かつてない事態に直面した作者は、ザワザワとした気持ちを抱えながら、フクシマの少女を主人公にした話題作「なのはな」と、放射性物質と人間との関係をシニカルに描いた3部作「プルート夫人」「雨の夜-ウラノス伯爵-」「サロメ20××」を立て続けに発表しました。

今回はそれらに加え、特別描き下ろし「なのはな-幻想『銀河鉄道の夜』」を収録しました。

今を生きる全ての人たちに読んでほしい作品集です。

福島に住む少女の物語から始まり、放射線物質を擬人化した話が3編、

最後に最初の少女の話を宮沢賢二の「銀河鉄道の夜」をモチーフに描かれている。

思い出したくないことで。。。でも、忘れてはいけないことで。。。

風化させられないことで。。。

当事者でもなく、知識もなく、何か発言するのも憚られる。。。

こうやって、実際の恐ろしさも希望も伝えてくれる作品を世に送り出してくれることに感謝します。

Amazonで「なのはな (フラワーコミックススペシャル)」の詳細を見る>>>

楽天で「なのはな (フラワーコミックススペシャル)」の詳細を見る>>>