読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「狐火の家」/貴志祐介

狐火の家 (角川文庫)
by カエレバ

★★★☆☆

「硝子のハンマー」の榎本と弁護士のコンビ再び!

別にこのコンビが好きでもないので、どうしようかと思いつつタイトルが面白そうなので。

中を見ると「狐火の家」、「黒い牙」、「盤端の迷宮」、「犬のみぞ知る」の四つの短編集。

全て密室での話です。

築百年は経つ古い日本家屋で発生した殺人事件。

現場は完全な密室状態。防犯コンサルタント・榎本と弁護士・純子のコンビは、この密室トリックを解くことができるか!? 

計4編を収録した密室ミステリの傑作、登場!

密室のトリックよりも、どのような背景があり殺人を犯したのかの方に興味がある私は、

トリックの描写より人間の感情に重きを置いて欲しいので、少し物足りない部分もあった。

弁護士の純子と防犯コンサルタントの榎本は、いいコンビだと思うが、

純子にあまり魅力を感じない。

その辺は男性作家なのでね、作家の好みとか色々あるでしょうから。。。

最後の「犬のみぞ知る」はない方が良かった。

本格ミステリーが読みたいので、唖然としてしまった。。。

Amazonで「狐火の家 (角川文庫)」の詳細を見る>>>

楽天で「狐火の家 (角川文庫)」の詳細を見る>>>

広告を非表示にする