いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「ガラシャ」/宮木あや子

ガラシャ
by カエレバ

★★★☆☆

「花宵道中」のような世界観を期待して読んだが、ちょっと違った。

歴史ものは名前を覚えること(読み方を覚える)がまず難しい。

登場人物がそれほどいるわけではないが、混乱は回避出来なかった。

歴史に対して無知である、私の責任もあると思う。

そもそも、”ガラシャ”が細川ガラシャという実在する人物とは全くもって知らなかったのだから…。

自分に呆れる。

明智光秀の娘として美しく成長した玉子。

主君である織田信長の媒酌で、細川藤孝の子・忠興と華燭の典を挙げ、平穏な日々を送っていた。

だが、突如発生した本能寺の変。実父の犯した罪により蟄居を命じられた玉子は、幽閉先で出会った男に惹かれてしまう。

愛の何たるかも知らず妻となった女を苦しめる恋の業火――。

絶世の美女と謳われた細川ガラシャの人生を描く華麗なる戦国純愛絵巻。

明智光秀がいい人で、豊臣秀吉は見た目も性格も最悪、品性の欠片もない人に描かれている。

この辺も歴史を詳しく知らないので分からない。

歴女でもないし(笑)

ガラシャは凛として美しいとは思うが、どうも感情移入出来ず、性格も良いとは思えない。

いまいちハマれなかったのは上記の理由なんだろうな。

Amazonで「ガラシャ」の詳細を見る>>>

楽天で「ガラシャ」の詳細を見る>>>

文庫本もありますが、単行本の想定の方が美しい。

ガラシャ (新潮文庫)
by カエレバ

広告を非表示にする