読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「セレモニー黒真珠」/宮木あや子

セレモニー黒真珠
by カエレバ

★★★★☆

表紙がオシャレ、綺麗、可愛い!

購買意欲をそそる表紙です。

表紙だけでなく、中にも表紙と同じワカマツカオリのイラストがあって楽しめます。

小さな町の葬儀屋「セレモニー黒真珠」を舞台に、シッカリしすぎなアラサー女子・笹島、

喪服が異常に似合う悩めるメガネ男子・木崎、

どこかワケアリ気な新人ハケン女子・妹尾

」の3人が織り成す、ドラマティック+ハートウォーミングストーリー。

連作短編全6作品を収録。解説は、作家の南綾子。

宮木あや子さんの作品といえば、「悲しく暗く美しく官能的」なイメージで、そこが大好きでしたが、

コメディタッチの本作も楽しく読めました。

喪服が似合う細身のメガネ男子の木崎に惚れる女性が多そう。

彼はメガネ男子が好きな女性の願望をそのまま形にしたような人です。

キャラ萌え小説かと思わせるほど、キャラがいい。

彼が恋する相手ももてない女たちの願望で、ちょっと狙いすぎかなとは思って逆に少し冷めたりしましたが。

葬儀屋の裏のあれこれも分かって、さらっと読めて持っていても可愛いくてそばに置いておきたくなる本です。

Amazonで「セレモニー黒真珠」の詳細を見る>>>

楽天で「セレモニー黒真珠」の詳細を見る>>>

広告を非表示にする