いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「おにいさまへ…」全2巻/池田理代子

おにいさまへ… 1
by カエレバ

★★★★★

タイトルと表紙の絵にとてつもなく惹かれて…。

一瞬、近親相姦かと思った(汗)

主人公の奈々子は70年代頃の少女漫画の典型ともいえる、可愛く性格も良い、清く正しい女の子。

”フツーの女のコ”と書かれてますが、とても普通の子とは思えない、お人形のようなルックスと天使のような汚れなき乙女です。

名門お嬢様高校に入学したことから、様々なことを経験して成長していく、

まぁ、この時代の漫画の典型的な物語でもありますね。

この学校には、選ばれた生徒のみが入会を許される”ソロリティ”という学内社交サークルがあります。

みんなが憧れるこのサークルに入るための争い、人間のドロドロしたおどろおどろしい感情の渦に飲み込まれ…。

嫉妬、妬み、家柄・容姿の優劣、プライド、百合、恋、病気…

華やかで繊細な絵とはうらはらに、ドロドロ要素がたんまりで大好きな世界!!!!

容姿端麗だけれど、父親が官能小説家ということにコンプレックスを持ち、

友達がいないけれど、気高い立ち振る舞いのちょっとイっちゃってる少女、信夫マリ子さんが素敵です。

Amazonで「おにいさまへ…」の詳細を見る>>>

楽天で「おにいさまへ…」の詳細を見る>>>

ベルサイユのばら 華麗なるステーショナリーセットBOOK (宝島社ステーショナリーシリーズ)
by カエレバ

広告を非表示にする