読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「悪いことをして罰があたった子どもたちの話」/著:ヒレア・ベロック、画:エドワード・ゴーリー

悪いことをして罰があたった子どもたちの話
by カエレバ

★★★☆☆

タイトルからして惹かれるんですが、注意しなければならないのは、

画はゴーリーだが、話を書いているのはゴーリーではなくヒレア・ベロック。

なので、ゴーリーの世界とはだいぶ違う。

残酷さはあるのだけど、ゴーリーの狂気はないのよ。

恐いものみたさのテンションは、読みほどに下がっていきました。

ゴーリーならトラウマになりそうなくらい悲惨な物語になるだろうな。

そっちを想像する方が楽しい。

Amazonで「悪いことをして罰があたった子どもたちの話」の詳細を見る>>>

楽天で「悪いことをして罰があたった子どもたちの話」の詳細を見る>>>