読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「パーソナリティ障害とは何か」/牛島定信

メンタル本

パーソナリティ障害とは何か (講談社現代新書)
by カエレバ

★★★★☆

延々と”パーソナリティ障害”と名のつく本を読みあさってます。

似たようなタイトルだったり、似たような内容だが、

読んでいるうちに頭に入ってくるような気が致します。

本当にちゃんとインプットしたいのなら、体系的に自分でまとめる方がいいのだろうけど。

難しいことを分かりやすく書いてくれているし、著者の誠意は感じますが、

やはりちょっと難しかった。

患者の実際の例を入れてくれてあるので良かったです。

それがあるのとないのとでは大違い。

かなり具体的で分かりやすくなる。

本書の一番の収穫は、

○○○パーソナリティと、○○○パーソナリティ”障害”は違うということ。

読めばどれかに自分が当てはまってしまう人も多いし(自分もそうだし)、

かと言ってそれがすぐに病気に結びつかない。

そういう性格、パーソナリティであるだけ。

現実の生活に支障を及ぼすほどになって、”障害”になる。

Amazonで「パーソナリティ障害とは何か (講談社現代新書)」の詳細を見る>>>

楽天で「パーソナリティ障害とは何か (講談社現代新書)」の詳細を見る>>>

パーソナリティ障害―いかに接し、どう克服するか (PHP新書)
by カエレバ

パーソナリティ障害がわかる本―「障害」を「個性」に変えるために
by カエレバ