読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「天使の囀り」/貴志祐介

天使の囀り (角川ホラー文庫)
by カエレバ

★★★★☆

導入部分がわりと長め。

早く事件が起きないかなと、ついせかせかしてしまう。

この長い叙述も後になって重要になってくるのだろうと、黙々と読み進めることが出来たら、

後は話にすっと引き込まれていく。

北島早苗は、ホスピスで終末期医療に携わる精神科医。

恋人で作家の高梨は、病的な死恐怖症だったが、新聞社主催のアマゾン調査隊に参加してからは、人格が異様な変容を見せ、あれほど怖れていた『死』に魅せられたように、自殺してしまう。

さらに、調査隊の他のメンバーも、次々と異常な方法で自殺を遂げていることがわかる。

高梨が死の直前に残した「天使の囀りが聞こえる」という言葉は、何を意味するのか?

前人未到の恐怖が、あなたを襲う。

まぁ、あちこちで言われてますが、グロいです。

貴志さんの作品は今まで読んできた中では、グロい印象はなかったけど、これはグロい。

映像化は絶対やめてね、という作品。

語り手が変わるもの、長い文章を飽きずに読ませることに一役買っている。

ゲームオタクの青年の話が一番入り込んでしまいました(一番自分に近いから?)。

後は、専門的な話がほぼ理解出来ないくらい難しい。

作者の知識(調べたこと)には感心せずにいられないが、いかんせん一般人読者に理解はなかなか出来るものじゃない。

なので、専門的な記述が多いところは、ちょこちょこ飛ばしてしまった。

線虫という虫の姿を想像するだけでおぞましい。

Amazonで「天使の囀り」の詳細を見る>>>

楽天で「天使の囀り」の詳細を見る>>>

※以下ネタバレ

心に闇を抱えて、それが一時的に解消されて死んでいった人は幸せだったのだろうか。

どう見ても不幸だとうとは言えないと思う。

悲惨な死に方だったとしても。

やはり、ゲームオタクの青年のが辛かった…トラウマになりそう。

ゲーム中のテーマ曲が流れるところ…。

ラストは、賛否両論があるだろうけれど、

私はナシです。

一時的には良くても、悲惨な死に方をしてしまうのだから。

広告を非表示にする