いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「「心が凹んだとき」に読む本: 1日5分!“読む処方箋”」/心屋仁之助

「心が凹んだとき」に読む本: 1日5分!“読む処方箋” (王様文庫)
by カエレバ

★★★★☆

すぐに病むのでね、本書を購入した人に借りました。

心屋仁之助さんって、今、テレビとかにも出てる人なんですね。

テレビ見ないので知りませんでした(汗)

こういう本は疑いの気持ちをなるべく拭ってから読むようにしてます。

どれだけ素直に聞き入れることが出来るかが鍵。

大きな文字でイラストも多く1時間弱で読めます。

すぐに読めるのでちょっと空いた時間にいい。

この手の本をよく読む人なら、知ってるような内容も多いと思う。

心が弱ってると感じたら、手にとって読み返してみたくなる本。

嫌いな人は自分を映す鏡。

納得…。

嫌いな人の嫌いな部分は自分も持っていたりする。

だから余計に腹が立って嫌いになる。。。

嫌いな人、ムカつく人を一度受け入れてみる。出来るだろうか。。。

これくらいの文章量と内容で単行本のソフトカバーで1500円くらいする本が多い中、文庫なのは嬉しい。

Amazonで「「心が凹んだとき」に読む本: 1日5分!“読む処方箋” (王様文庫)」の詳細を見る>>>

楽天で「「心が凹んだとき」に読む本: 1日5分!“読む処方箋” (王様文庫)」の詳細を見る>>>