読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「蜘蛛の糸・杜子春」/芥川龍之介

蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫)
by カエレバ

★★★★★

新潮文庫スペシャルカバーにて。

地獄に落ちた男が、やっとのことでつかんだ一条の救いの糸。

ところが自分だけが助かりたいというエゴイズムのために、またもや地獄に落ちる「蜘蛛の糸」。

大金持ちになることに愛想がつき、平凡な人間として自然のなかで生きる幸福をみつけた「杜子春」。

少年少女のために書かれた、健康で明るく、人間性豊かな作品集。

羅生門・鼻」の文庫を先に読んだんですね。

「鼻」と「芋粥」が好きで毒がもっさりあって、難しい部分もあるけれどすごく面白かった!

こちらは、”少年少女のために書かれた”ということもあり、難解さはなかったが毒はありました。

”健康で明るく、人間豊かな作品集”というには、ちょっと違う気はする。

日本昔ばなしのよう。

だいたい、昔ばなしって子供向けの割に毒がある。

それと同じ。

「猿蟹合戦」はかなりびっくりした。。。

アホなので、一瞬「猿蟹合戦」は芥川龍之介の作品かと思った。。。

Amazonで「蜘蛛の糸・杜子春」の詳細を見る>>>

楽天で「蜘蛛の糸・杜子春」の詳細を見る>>>

広告を非表示にする