読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「パーソナリティ障害 (こころの科学セレクション)」/編集:福島章

メンタル本

パーソナリティ障害 (こころの科学セレクション)
by カエレバ

★★★☆☆

今、非常にパーソナリティ障害に興味を持っていて、

その手の本を見つけて読んでみている。

パーソナリティの障害とはなにか?境界例、ヒステリー、多重人格、殺人者…しばしば社会との不適応を起こし、パーソナリティに偏りがあるとされる人々。

研究の歴史から治療まで、コンパクトに解説。

専門用語も多く、素人には敷居が高い

かな。

身近にパーソナリティ障害の人がいて、家族がいて知りたい…

という人向けではない。

ある程度の知識がある人の教科書的な役割。(そういう意味では”コンパクトに解説”ということになるだろう)

メンタル系の病気としてのパソナりティー生涯より、

犯罪者のパーソナリティ障害の事例が多い。

これはこれで興味深く読みました。

Amazonで「パーソナリティ障害 (こころの科学セレクション)」の詳細を見る>>>

楽天で「パーソナリティ障害 (こころの科学セレクション)」の詳細を見る>>>