いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「この世は二人組ではできあがらない」/山崎ナオコーラ

この世は二人組ではできあがらない
by カエレバ

★★★★☆

山崎ナオコーラなので読む。

それ以外の理由なし。

社会とはなんであろうか。なぜ全員が男女二人組でなくてはならないのか。

川を二つ超えながら、日々を営んでいた。この小説の舞台は狭いアパートだ……

無冠の帝王が描く、素朴な社会派小説。

無冠の帝王というのは、物は言いような気がしますが…。

ほとんどの読者は、主人公の女性と著者を結び付けるでしょう。

プロフィール見ただけでも、まんま著者がモデルだろうと考えるのは致し方ない。

実際はどうか知らないが、敢えて狙ってやってるのだろうか。

サブカル、サブカル、サブカル…

サブカル好きが好きそうなものが散りばめられているのが、いちいちウザい。

どこかにありそうなありふれた”日常”のようで、基本的な部分が大きく変わっていたりする。

会話がリアル。カフェの隣の席から聞こえてきてもおかしくないような会話。

大学卒業した男女に、「男の子」「女の子」という表現が気持ち悪かったです。

Amazonで「この世は二人組ではできあがらない」の詳細を見る>>>

楽天で「この世は二人組ではできあがらない」の詳細を見る>>>