読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「家守」/歌野晶午

家守 (光文社文庫)
by カエレバ

★★★★☆

歌野晶午作品、読破中…。

「人形師の家で」「家守」「埴生の宿」「鄙」「転居先不明」の5つの短編が収録されています。

本文ページが上下二段にわかれているタイプの本ですね。

赤川次郎作品にも上下二段にわかれているのが多い(上手く説明出来てないような…)。

ミステリーより、「世にも奇妙な物語」でありそうなゾクッとする話が多いです。

「人形師の家」が一番好きでした。

映像化しても面白そうだな。ノスタルジックと子供の無邪気さと残酷さ。

邦画より、不気味な感じな外国映画の方が合いそう。

Amazonで「家守」の詳細を見る>>>

楽天で「家守」の詳細を見る>>>

広告を非表示にする