読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「ブードゥー・チャイルド」/歌野晶午

歌野晶午

ブードゥー・チャイルド (角川文庫)
by カエレバ

★★★★☆

タイトルには全くそそられなかったんですが、歌野さんの作品なので。

最初にホームページのイラストがあって、懐かしいんですよ。

「あなたは○○○○番目の訪問者です」とか書いてあって。

10年くらい前はこのようなホームページがたくさんありました。懐かしい。

今ぼくは第二の人生を送っています。

つまりぼくには前世があるのです。

ある雨の日の晩にバロン・サムデイがやってきて、おなかをえぐられて、そうしてぼくは死にました。

前世、ぼくは黒人でした。チャーリー―それがぼくの名前でした。

現世に蘇る、前世でいちばん残酷な日。

不可解な謎を孕む戦慄の殺人劇に、天才少年探偵が挑む!長編本格ミステリ

現在の描写に、前世の記憶らしきものが挟まってくる。

頭の中はぐちゃぐちゃで何が何だか分からない。

一体、どうやって収拾をつけるのだろうと不思議でならなかった。

何かを隠している大人たち。

少しずつ小出しにされる記憶…

かなり分厚い本だが、それが気になって次々ページを捲って読んでしまう。

掴めそう掴めない正体…。

もやもやもやもや…。

読み終えたらスッキリするものの、突っ込みどころも結構ありました。

Amazonで「ブードゥー・チャイルド」の詳細を見る>>>

楽天で「ブードゥー・チャイルド」の詳細を見る>>>

広告を非表示にする