読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「適当教典」/高田純次

適当教典 (河出文庫)
by カエレバ

★★★★☆

真剣な悩みからふざけた悩みまで、高田純次ほとんどふざけて、ほんの少し真面目に答えてます。

「肉・からだ」の巻、「マネー」の巻、「仕事」の巻、「家族」の巻、「青春」の巻、「哲学・社会」の巻の6つの章に分類されていて、合間合間に直筆の格言とエッセイ、癒しの写真館、

また、相談者からの喜びの声(笑)のページも!!

日本中の老若男女のあらゆる悩み89連発に日本一のテキトー男が快刀乱麻の大回答!秘蔵写真をあしらったポエム、エッセイ、高田純次流・直筆人生訓もちりばめられ「笑っていつの間にか救われる究極の癒し本」とファンに噂された(らしい)幻の名著、ここに復活!

文庫化を記念し、本人によるあとがき「コンサートよりもインサート」を新規収録。

共感する悩みと高田氏の回答を。

Q:本屋に行くとウンチに行きたくなるのはどうしてでしょう?

A:もしかしらた、本の匂いが肛門を刺激するのかな。それとも大便をもよおすと本屋に行きたくなるのかもしれない。ウンチが先か、本屋が先か。(略)

この謎を誰か解明してください!!

本屋でも図書館でもトイレに行きたくなる確率が高いです!

もうひとつ。

お見合いシステムに登録してる男性が、そこで女性と会うとたいていの女性が店代を男性に払わせるのが当たり前みたいな態度で腹が立つという相談。

高田氏の回答が…

悩みよりお見合い結婚の方に話がいってしまい…

最終的に、

お金は出すべきでしょう。女より男のほうが何でも出しちゃう動物なんだから。

アハハハハ。そうだな、お金を出した勢いでアソコも出しちゃえ!

とりあえず、女性と食事に行って、金を払うことを惜しんでいるようじゃ、一生嫁さんは見つからないね。間違いない!

アソコも出しちゃえ!で吹きました。下品ですが、こういうネタも好きです。

外で読む時は、ブックカバー必須で!!!

Amazonで「適当教典」の詳細を見る>>>

楽天で「適当教典」の詳細を見る>>>

適当川柳
by カエレバ

適当男のカルタ 〜純次のことわざブック〜
by カエレバ

広告を非表示にする