読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「内藤ルネ自伝 すべてを失くして―転落のあとに」/内藤ルネ

その他の作家(小説・エッセイ)

内藤ルネ自伝 すべてを失くして―転落のあとに
by カエレバ

★★★☆☆

内藤ルネさんの存在を知ったのは、美輪明宏さんの本だっけ?嶽本野ばら先生の本だっけ?

忘れてしまったけれど、美輪さんとは繋がりがあるみたい。

あと、ピーコとも!ピーコ経由で知ったのかもしれない…。

中原淳一さんのような乙女のカリスマだそうで、ずっと興味は持っていました。

そこで出会った本が、この自伝。

絵を描くことが好きで好きで、お金は二の次だったルネさん。

「ジュニアそれいゆ」、「女学生の友」などの当時の少女雑誌にひっぱりだこで、「内藤ルネ先生のデザインのふろく」と予告するだけで売れ行きが違ったというのですから、すごいことですよね。

ふろくや雑誌の中身よりも、内藤ルネがデザインということが、当時の少女たちにとって重要だったなんて、凄い!

一番印象に残ったのが、ルネさんがそっちの世界の人だというカミングアウト。

中原淳一先生もそうだったなんて、やっぱり。

乙女の心を持ち合わせてないと、少女を虜にする作品を描けないわよね。納得。

ゲイ雑誌の「薔薇族」の表紙も担当していたなんて、びっくりしすぎて…衝撃的!

順風満帆に見えるルネさんの人生も、どん底があり…。

洗いざらい書かれていました。

ルネさんの家具や部屋の改造の話を読んで、部屋中を白で統一するの、マネしてみたくなりました!

Amazonで「内藤ルネ自伝 すべてを失くして―転落のあとに」の詳細を見る>>>

楽天で「内藤ルネ自伝 すべてを失くして―転落のあとに」の詳細を見る>>>

内藤ルネ LOVE MESSAGE FOR YOU (e-MOOK 宝島社ブランドムック)
by カエレバ