読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「輝ける鼻のどんぐ」/文:エドワード・リア 絵:エドワード・ゴーリー 訳:柴田元幸

輝ける鼻のどんぐ
by カエレバ

★★★☆☆

エドワード・ゴーリーかと思って読んだら、

文章はエドワード・リアだった…。

絵はゴーリーですが。

ゴーリーという先入観で読むと、「あれ?」ということになるので…。

文語調なので読みにくいっちゃ読みにくい。

大体の意味は掴めるが。

最後に現代語訳もあります。

エドワード・リアは自分の容姿に酷いコンプレックスを抱いていたようで、

とりわけ大きな鼻を気にしていたとある。

それもあってか、エドワード・リアの作品の中には鼻の大きい人物が繰返し使われている。

自分の最大のコンプレックスを敢えて作品にする心境とは、どのようなものなのだろうか。

開き直りなのだろうか、自分への慰めなのだろうか、揶揄なのだろうか。

Amazonで「輝ける鼻のどんぐ」の詳細を見る>>>

楽天で「輝ける鼻のどんぐ」の詳細を見る>>>