いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「お宝発掘!ナンシー関」/ナンシー関

お宝発掘! ナンシー関
by カエレバ

★★★★☆

ナンシー関の本なので、とりあえず読むのが私です。

これが最後の単行本初収録コラム集。

幻のデビュー連載「ナンシーの漢字一發!!」およびレアもの連載「コンビニ・ジュース」ほか、ナンシー関のお宝コラム、多数収録。

Amazonより)

テレビ1989年~1997年、

浮世1990~2001(マガジンチェック1~7含む)、

コンビニジュース(1~18回)、

ナンシー関の漢字一揆で構成されている本書。

島田紳助についてだが、1990年の時点で既にナンシーは「怪しい」と言っている。

消しゴムハンコは、紳が涙を流している顔と「みんなで やろうやないか」と台詞が刻まれている。

2000年に入っても、紳助はずっと感動してましたね。

今となってはどうでもいいことです。

コンビニジュースのコーナーで、

「タイトルの”コンビニ・ジュース”とはどういう意味か」という質問だけ答えておこう。

意味は特にない。タイトルなど意味があるよりない方がずっといいに決まっているじゃあないか。

意味など後からついてくるってか?

Amazonで「お宝発掘! ナンシー関」の詳細を見る>>>

楽天で「お宝発掘! ナンシー関」の詳細を見る>>>

広告を非表示にする