いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「芸のためなら亭主も泣かす」/中村うさぎ

芸のためなら亭主も泣かす (文春文庫)
by カエレバ

★☆☆☆☆

「最後の聖戦!? ショッピングの女王FINAL: 5」の続く★1つです。

シリアスな文章のうさぎさんは好きだが、コミカルな文章のうさぎさんは好みでないだけということが分かりました。

タイトルは思わず読みたくなるものが並んでいるが、読んでみると「ふーーん」程度のことなんだな。

例えば…

美容整形、本当の理由

ホリエモンに惚れそう

モテない女は、壊れる

まだ、値段はつくのか

急所はあなたに預けるの

「恋人」の定義

週刊誌的なタイトルは、つい読みたくなります。

「最後の聖戦!? ショッピングの女王FINAL: 5」と同じく、

ギャンブルの章はばっさり読み飛ばしました。

つまらないんで。

ギャンブルやる人には面白いかもしれんが。

ホリエモンの「わきが臭い」発言。

それしか記憶に残らなかった。

うさぎさんも惚れそうになるほど、ホリエモンって凄いのか?とちょっと思った。

Amazonで「芸のためなら亭主も泣かす」の詳細を見る>>>

楽天で「芸のためなら亭主も泣かす」の詳細を見る>>