いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「葉桜の季節に君を想うということ」/歌野晶午

葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)
by カエレバ

★★★★★

歌野晶午の作品を読み漁ってるわけですが、一番有名なのがこの作品なのかな。

ミステリー大賞を総ナメだとか…

そう言われると逆に読みたくなるのが私です。

・第57回日本推理作家協会賞受賞

・第4回本格ミステリ大賞受賞

・このミステリーがすごい! 2004年版第1位

本格ミステリベスト10 2004年版第1位

週刊文春 推理小説ベスト10 2003年度第2位

Wikipediaより)

本当の愛を探している主人公。

実際にやっていることといえば、出会い系サイト出会った女との体の関係だけ。

ある日、自殺を図ろうとした麻宮さくらと出会い――。

ちょいちょい、あれ?あれ?という箇所があるんですよ。

何かあるんだろうなと、探り探り読み進めていきました。

あれ?何で?ん?

これは何かトリックがあって、どんでん返しされるんだろうなと。

長編ですが、テンポが良くてがんがん読めます。

トリックを知った後に、もう一度読み返してみると面白いとは思うんですけど、

いかんせん長いのでね、もういっかーとなりました。

気持ちよく騙されたーーーー!!!!!

巻末に歌野さんのインタビュー、今までの作品への思いが語られています。

作品へのコメントは読んだ作品の箇所だけ読んだので、

網羅したら、改めて本書を手に取って飛ばした部分を読みたいです。

Amazonで「葉桜の季節に君を想うということ」の詳細を見る>>>

楽天で「葉桜の季節に君を想うということ」の詳細を見る>>>