読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「憤死」/綿矢りさ

憤死
by カエレバ

★★★★☆

とりあえず、綿矢りさの作品は読んでみたいので。

表紙も超シンプルで可愛いです。

表紙をめくると、りぼんの可愛いイラストでこれまた可愛い。

内容はその可愛らしさとは裏腹に。。。

命をかけてた恋が、終わっちゃったの。

心の闇へ誘う4つの物語。

新たな魅力あふれる著者初の連作短篇集。

四つの作品のうち、「憤死」は表紙のポップさがそのまま表れてます。

フォントのふっくら具合も。

綿矢りさの書く女たちは、ひと癖もふた癖もあって、

ムカつくけど憎めなかったり、共感したり、腹が立ったり。

その絶妙さが上手い。

綿矢さん自身はどんな人なんだろうと、毎回想像してしまいます。

「トイレの懺悔室」と「人生ゲーム」はサイコホラーといってもいいほど、怖いです。。。

途中で、あれ?私が読んでたのってホラーじゃないよね?と確認しました。

Amazonで「憤死」の詳細を見る>>>

楽天で「憤死」の詳細を見る>>>

広告を非表示にする