いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「乙女のトリビア」/嶽本野ばら

乙女のトリビア (祥伝社黄金文庫)
by カエレバ

★★★☆☆

雑誌「Zipper」で掲載されていたエッセイ30話と、未掲載の「原宿の話」を収録。

昔「トリビアの泉」というバラエティ番組で、ヘェヘェというボタンを押すのがあったが、

そんな感じで、ヘェヘェヘェという感じで、

まぁ、それだけのことでした。

MILKやVivienne WestwoodCOMME des GARCONSから

CHANEL、Diorなどのブランドヒストリー、

そしてゴシック、ロココ、ヴィクトリアンなどの

ファッション・キーワードを嶽本野ばらが知的かつラフに解説するエッセイ集。

きっと、「Zipper」読者などのお洋服に興味がある人なら、もっと楽しめたと思う。

私はそれほどでもないので、ヘェヘェヘェくらいの感想ですが。

読み物としては野ばらちゃんの語り口調で書かれているので、読みやすくて面白いです。

どの章も「○○の話をしよう。君を○○○○,○○の話」という風になっています。

「香水の話をしよう。君に似合う,香水の話」

「薔薇とおまじないの話をしよう。君の恋を実らせる,薔薇とおまじないの話」

という具合に。

また、各章のタイトル部分に、その章を表すアイコンが付いているのが可愛いです。

細部へのこだわりを感じますね。

表紙が好きという方も多いですが、矢沢あいさんのイラストが苦手なので、

私としては微妙でした。。。

Amazonで「乙女のトリビア」の詳細を見る>>>

楽天で「乙女のトリビア」の詳細を見る>>>

広告を非表示にする