いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「Zちゃん―ロータス」/井口真吾

Zちゃん―ロータス

井口 真吾 青林工藝舎 2007-01
売り上げランキング :
by ヨメレバ

★★★★★

家にあったので…。

漫画だったので読んでみようかなというきっかけでした。

その結果…

何度も読み返したい(見返したい)!!

おもちゃ箱みたいに色んな物を詰め込んだ世界がとても楽しくわくわくしました。

漫画があり、詞があり、小説があり、迷路があり、いきなり80年代少女漫画風の女の子が出てきたり…。

より目をすると浮き出して見えるかも?というコマでは、ついついより目にしてしまいましがが、

見えるはずもなく…。

そういう細かい仕掛けがすごく面白い。

ブラックな部分もぴりりときいています。

あとがきを読むともう一度最初から読んでみたくなりました。

ネズミのリチャードⅡセックスは、小人は、そういう意味があったのか!!

ミッキーマウスが登場してますが、ディズニーピクチャーズに怒られないのでしょうか。

それだけが気がかり(笑)

Amazonで「Zちゃん―ロータス」の詳細を見る>>>

楽天で「Zちゃん改訂版」の詳細を見る>>>

広告を非表示にする