読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「春から夏、やがて冬」/歌野晶午

歌野晶午

春から夏、やがて冬

歌野 晶午 文藝春秋 2011-10
売り上げランキング : 287018
by ヨメレバ

★★★★☆

とりあえず、歌野晶午作品は読み漁りたいという現状です。

スーパーの保安責任者の男と、万引き犯の女。

偶然の出会いは神の思い召しか、悪魔の罠か?これは“絶望”と“救済”のミステリーだ。

タイトルを見て、そりゃ当り前だ、とか思った(笑)

そんな自分がアホくさい。。。

いくつかの作品を読む、歌野作品はどんでん返しだと思ってるので、最後の最後まで気が抜けない。

残りのページが少なくなるほどに、どうなるの?どうなるの?と気持ちが先走ります。

また、帯にて

ラスト5ページで世界が反転する!

なんて書いてあるもんだから。

もうすぐ5ページになるけど…というわくわく感、期待、ドキドキ。。。

ラスト5ページで…

ラスト5ページでどうなるのか…

たった5ページで反転してしまう世界とは…

帯のキャッチコピー、上手いですね!

Amazonで「春から夏、やがて冬」の詳細を見る>>>

楽天で「春から夏、やがて冬」の詳細を見る>>>

広告を非表示にする