いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「ガラス張りの誘拐」/歌野晶午

ガラス張りの誘拐 (角川文庫)

歌野 晶午 角川書店 2002-05
売り上げランキング : 292889
by ヨメレバ

★★★★☆

妹に借りた「さらわれたい女」を読んでから、すっかり歌野さんにハマってます。

今のところ、外れなし!

いい作家さんに出会えて良かった!

こちらは本の構成がちょっと変わってます。

第二の事件

第三の事件

第一の事件

という順番になっています。

第一の事件が一番最後という。

これは何かあるぞ…と思いますよね。

その時点でわくわくします。

歌野さんの小説に出てくる男性は、本当に好感が持てる。

おじさんだけど、いやらしさがなくて好き!!

男性にとって都合のいい女性を登場させる男性作家には苛々してるんでね…!!(怒)

最後まで読んでみて…

犯人の動機が理解に苦しむ。。。

個人的に一番面白かったのが、最初の「第二の事件」でした。

Amazonで「ガラス張りの誘拐」の詳細を見る>>>

楽天で「ガラス張りの誘拐」の詳細を見る>>>

広告を非表示にする