読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「ハートを伝える聞き方、話し方―自分を変えるコミュニケーション・レッスン」/八坂裕子

自己啓発・女性の生き方

ハートを伝える聞き方、話し方―自分を変えるコミュニケーション・レッスン (PHP文庫)

八坂 裕子 PHP研究所 2001-02
売り上げランキング : 937796
by ヨメレバ

★★★☆☆

この方の本は本当に面白いですね。

もはや、”話し方”を学ぶ気はさらさらない状態の私(笑)

「頭のいい女、悪い女の話し方」でファンになってしまいました。

本書は1997年に刊行されたもので、「頭のいい女、悪い女の話し方」の頃よりも優しいイメージがあります。

どこで、八坂さんは性格がひねくれていったのでしょうか。

「文庫版のためのまえがき」の最後の言葉、

二〇〇〇年十二月 クリスマスの歌を聴きながら  八坂裕子

クリスマスの歌って何ですか?

曲名を書いてもいいのでは…??

せめて「クリスマスソング」という表現の方がいいわ。

他人の眼や世間の眼なんていい加減なものだわいと思いました。

話し方を教える方が、このような変な言葉遣いをするのかと思うと習う気なくなります。

八坂さんが好きな理由は例えが凄いこと!!

フットボールアワーの後藤さんもびっくりの、凄い例えを一部引用。

緊張と焦燥と混乱のごった煮に投げこまれた一粒のグリーンピースみたいになった体験

■知ったかぶりをして会話をすることは、ハートの窓に虚栄のカーテンをかけているようなものです。

■他人の話の内容をちゃんと聞かずに相槌を打ち、沈黙を恐れてクロスワード・パズルの空欄を埋めるような喋り方をする。

生きるという旅は、”一〇”を”三”で割るようなものです。

どこまで行っても割り切れません。

■”詮索好き”は、うわべの面白さに気をとられているカビの一種ですから、スキャンダル菌へと変質し、他人のフィールドを踏み荒らした揚句、環境汚染していくしか能がないのです。

どうですか?この素晴らしい例えの数々。

八坂さん、面白すぎる!!こんなこと本人には言えないけど(笑)

自己啓発本としては役に立たないのかというと、そんなことはないんですよ。

以下に自分のためになったことを引用と共に書いてみたいと思います。

「嫌だな」「違うな」と思った時は、ちゃんと”ノー”と言わなければいけません。

そして、ノーと言うだけでなく、ノーと言われることにも慣れていくことです。

”ノー”は”バカ”ではないのです。

イエスと同じく、ひとつの意見なのです。意見に優劣はありません。

堂々と「ノー」「いいえ」と言っていいのです。

断れない人には是非!私も曖昧な返事をしてしまうことがあるのでね…参考になります。

「ノー」は言われたとしても、言ったとしても、ただの意見だと認識するようにしたいです。

人は、自分が理解できる範囲の違いに対しては「個性的ね」と言って見過ごすが、理解できないほど大きな違いを感じると、「変わっているね」と言って一線を画する。

なるほど…。

同じことをしていても感じ方が違うのは、自分の理解出来る範囲の広さによるわけか。

自分が「つまらない」「だるい」「淋しい」「悲しい」「忙しい」などのマイナスの形容詞に囲まれた時、私はプラス系形容詞が出てくるような状況を作って自分の健康維持に励みます。

香水やスカーフは誰かに嗅がせたり見せたりするためにあるのではなく、自分を喜ばせ、ホッとひと息つくためにあるのだと思うのです。

これは是非実践したいですね。

無理矢理にでもプラスになれる状況を作ってみよう。

心の健康は体の健康と繋がってますし、家にいる時にも好きな服を着てみたり、好きなルージュをひいてみるのもいいかも!

Amazonで「ハートを伝える聞き方、話し方」の詳細を見る>>>

楽天で「ハ-トを伝える聞き方、話し方」の詳細を見る>>>