いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「禁欲のススメ」/姫野カオルコ

禁欲のススメ (角川文庫)

姫野 カオルコ 角川書店 1993-10
売り上げランキング : 490438
by ヨメレバ

★☆☆☆☆

無垢な乙女が淫らに綴る、ヒメノ式恋愛論だそうです(笑)

「あ」~「ん」まで50音順に一つのものを取り上げて綴ってあるエッセイです。

「あ」は「あまいもの」、「の」は「のりたま」という具合。

読んでいて著者に抱いていたもやもやを、

解説にて大槻ケンヂさんがはっきりさせてくれました。

やはり姫野カオルコさんは、かわり者の自分を演出することで人々の関心を引こうとする戸川病患者なのだろうか?

つまり姫野さんは自分のキャラクターを、つくっているのかいないのか?

これですよ!スッキリした!!

この人、絶対自分を作ってると思うわ。。。

作家が自分を作るのは別におかしくないが、むしろそういう作家がほとんどかもしれないが、

姫野氏のは鼻につく。。。不快。。。

姫野カオルコは、かわり者を演じているのか?いないのか?

どっちなのか?

前者でも後者でも、姫野さんの本の面白さは変わるものではない。

前者でも後者でも、姫野さんの本のつまらなさは変わるものではない。(by まなみ)

Amazonで「禁欲のススメ」の詳細を見る>>>

楽天で「禁欲のススメ」の詳細を見る>>>

広告を非表示にする