いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「Bellevue Ryo Kase―加瀬亮-写真+言葉+全作品」

Bellevue Ryo Kase―加瀬亮-写真+言葉+全作品

Takashi Homma メディアファクトリー 2006-07
売り上げランキング : 48062
by ヨメレバ

★★★★☆

これはフォトエッセイになるのかな?

分類はよく分からないが、タイトルの「加瀬亮-写真+言葉+全作品」、そのままの内容です。

帯にて、

限りなくふつう、でも見るたびにちがう。

心に残る俳優 加瀬亮

と、書かれているが、まさにですよね。

本当に限りなく普通。

普通なのに普通じゃない。

どこかにいそうで絶対いないし。

不思議。

冬に温かい部屋でゆっくり眺めたい本。

加瀬さんの短い文章も優しいし、何だかわからん雰囲気があるので、彼のファンは好きだと思いますね。

そこに書かれている幼少の頃の思い出も、私たちが思い描く加瀬亮そのまんま。

たくさんのミニカー レゴブロック 青い自転車 釣りざお

そしてセンダックの絵本「かいじゅうたちのいるところ

これがぼくの宝物だった

子供の頃から加瀬亮加瀬亮なのですね。

”ぼく”というのがいい、”おれ”じゃだめ、”ぼく”じゃないと(笑)

オシャレな本屋のショーウィンドウを見てるとこ、本を手にしてるとこ、うつむいたところ、

シンプルなコートを着て立ってるだけで雰囲気にのみ込まれそうになる。

最後の煙草をくわえて、マッチで火をつけようとしてるところが最高にエロい。

特別美形でもなく、本当に普通っぽいのに、この人って何だろうね。

Amazonで「Bellevue Ryo Kase―加瀬亮-写真+言葉+全作品」の詳細を見る>>>

楽天で「Bellevue Ryo Kase―加瀬亮-写真+言葉+全作品」の詳細を見る>>>